カードローン審査に通らないあなたへ!審査に通る必勝法!

カードローン審査に通らない人には共通の原因があった!

インターネットにはカードローンの審査に通った人の声も、落ちた人の声もたくさん載っています。そんな山ほどある情報を分析してみると審査に落ちてしまった人たちの傾向というのが見えてきました。審査に落ちてしまう人というのは共通点がいくつかあります。概ね次の3つに分類することができました。

審査に通らない人の共通点!

1.手取り収入で申告している
2.審査で嘘をついている
3.限度額が高すぎる

これらのいずれかに該当している人が審査に落ちているのです。つまり少し気を付ければ審査に通ることができるということですので、この記事を読んで対策をしてみてください。ちょっとした気遣いで審査に通ることができるようになります。  

カードローン審査は必要条件さえ満たせば必ず通ります!

カードローンの審査というのは、特に難しいことはありません。審査基準を満たしていさえいればすんなりと審査に通ることができます。審査に落ちてしまう人というのは審査基準を満たしていない場合がほとんどです。

審査に通るための対策を打つためには、まず審査基準を知っておかなければなりません。カードローンの審査基準というのは下記の通りです。

1.継続的に安定した収入がある
2.過去に返済事故を起こした履歴がない
3.限度額が年収の1/3以下

たった3つです。審査に通るための必要条件はこれだけなのです。そんなに難しくないということがおわかり頂けると思います。  

カードローン審査に落ちた人も逆転できる方法!

もし、何の対策もせずにカードローンの審査に申し込んで審査に落ちてしまったら、対策をすることで審査に通ることができるかもしれません。

審査に落ちる人の傾向というのは下記のような問題点があることがほとんどです。

1.手取り収入で申告している
2.審査で嘘をついている
3.限度額が高すぎる

このいずれかに当てはまっている人は、対策することで審査に通る可能性が高まります。なぜこれらに該当する人が審査に落ちてしまうのかを解説していきましょう。  

1.手取り収入で申告している

カードローン審査の申告で、収入額を偽るというのは全く持って駄目ですが、年収を高く見せることはできます。手取り額と額面では10%以上収入が変わると思います。

審査の際に手取り額で申告したのだとすると、それは不利な条件で申告したことになります。申告する額は額面で問題ないのです。

額面で申告するだけでも審査に通る可能性が高まります。あとは借入限度額の設定を適切にすればいいだけです。  

2.審査で嘘をついている

審査に少しでも有利な条件で臨もうとして嘘をついていると、審査に落ちてしまうこと次なります。これは収入面ではなく信用面での判断によるものです。

年収や勤務先などは嘘をついてもすぐにばれてしまいます。会社名と年齢がわかれば大体の年収というのは予測がつきますし、勤務先を偽っていれば在籍確認の段階でわかってしまいます。

そして嘘をついていることがわかってしまうと、信用度が非常に下がり、他の条件は満たしていても審査に落ちることになります。

審査を受ける際の申告内容は偽ってはいけません。通る審査も通らなくなってしまいます。  

3.限度額が高すぎる

限度額が高すぎても審査に通ることはできません。特に消費者金融の場合は、法律で上限額が規制されます。年収の1/3を超えた限度額は設定できないようになっています。

ですから、年収の1/3を超える限度額で審査に申し込むと100%審査に落ちます。

必ず年収の1/3以下の限度額で申し込んでください。

なお、審査に通ることだけを目的とするのなら、限度額をかなり抑えた方が良いです。消費者金融ならば、たいていの場合、限度額が50万円以下で収入証明が不要になりますので、審査にかなり通りやすくなります。

限度額を引き上げるのは、審査に通った後にすることをお薦めします。増額審査というのはいつでも何回でもできますので、まずは審査に通ることを最優先して、審査に通った後に限度額を引き上げるのが賢い方法です。  

カードローン審査で嘘をつくと通らなくなるのは本当か?

カードローンの審査の申し込みで嘘をつくと、審査に通ることが非常に難しくなります。審査に必要な事項というのはすべて調べればすぐにわかるものです。カードローン会社というのはそれだけの情報を持っているのです。

そして申告内容に嘘があると、心証が悪くなるばかりか、信用度も低下し、そんな人にはお金を貸すことはできないと判断されてしまうのです。

収入をごまかしても、、収入証明の書類を見ればすぐにわかってしまいます。職業を偽っても収入証明を見ればすぐに判断がついてしまいます。勤務先を偽れば在籍確認で一発でわかってしまいます。

もしも他人の名をかたり審査に申し込んだとすると、本人確認の段階で怪しまれ2つ以上の書類の提出を要求されます。身分を偽ってもすぐにばれてしまうのです。

そして、過去の返済履歴や他社からの借り入れの有無、現在の総借入残高なども信用情報を照会すればすぐにわかります。

カードローン会社というのは、貸し倒れになれば損になるわけですから、そのリスクを最大限回避します。そのための情報網というのはかなり整備されています。

どんな嘘をついてもすぐにばれてしまいますので、絶対に嘘の申告はしないようにしましょう。  

カードローン審査で会社に電話が嫌ならモビットがおすすめ!

カードローンの審査の流れは一般的に次のようになります。

1.審査の申し込み
2.本人確認
3.必要書類の提出
4.仮審査
  4-1収入の確認
  4-2信用情報の確認
  4-3希望限度額の確認
5.本審査
  5-1在籍確認
6.審査結果の連絡

この中に、在籍確認というものがありますが、これはほぼ審査に通った段階で行われるものです。在籍確認さえ取れれば審査は完了します。つまり、在籍確認が最後の関門となるのです。

通常は在籍確認というものは勤務先への電話によって行われます。消費者金融の場合は、相談をすれば電話の代わりに書類による代替審査を行ってくれるところもあります。

勤務先に電話をされるのが嫌だという方も結構いますので、書類による代替審査を申し込まれる方も結構いるようです。

勤務先への電話が嫌な場合に、相談をしなくても最初から書類の審査をしてくれる業者も稀ですがあります。代表的なのがモビットです。モビットのWEB完結なら本人確認の電話もなく、勤務先への電話もありません。しかも自宅に送られてくる郵送物も一切ありません。取引はすべてカードレスになります。ですから職場に内緒にできるだけでなく、家族にも内緒でお金を借りることができます。ですから、誰にも知られたくないし、リスクも犯したくないというのであればモビットがお薦めです。

詳細はモビットのホームページをご覧ください。

モビットのホームページはこちらです。